スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェレメーチエヴォ空港より

そんなわけで、今朝ベルリンを発って、モスクワのシェレメーチエヴォ空港に居ます。最近、頻繁にここに来てボルシチを食べている気がする・・・。

今回もアエロフロートに乗って日本に帰るわけですが、今回は特別機内食の予約を忘れてしまったため、冷たいチキンやハムを食べるはめに。1回目の食事で、既に撃沈。やっぱりヌードルばかりでもアジアンベジタリアンの方が良いです。さっぱりしていて美味しい。
もちろん機内食に関してはアジア系エアラインに敵うものはないでしょう。(基本、いつでもアジア贔屓。)韓国系は特に好き。

でもアエロフロートにせよ、シェレメーチエヴォ空港にせよ、この数年で驚くほどサービス向上していると思うのは私だけでしょうか。それとも最近利用したのが、日本・欧州間の往復だったからかな?中東・アフリカ方面は変わってないとかあるのでしょうか・・・。


あ、そんなことを書いている場合ではないです。

1年間滞在したドイツを出ました。感想は「今朝も寒かった」。。それだけ;;
今日あたりから天気が良くなると聞いたので、やっぱり相性悪いですねー

朝も早かったし、そもそも特別な日は一人静かに動き出したい人間なので、誰にも声をかけず、ひっそりと空港に向かいました。それでもルームメイトやらお友達やらわざわざ電話をくれて嬉しかったです。既にスペインに帰ってしまっている友達も連絡をくれて
"ダメだよ帰ったら!!・・・でもどうしても帰るなら、私の実家(スペインの田舎町)でパジャマパーティーをするという約束を果たせていないのだから、数年内に帰ってきてね。ママもアリシア(彼女の親友)もnyが来るのを待っているんだから"
という暖かい言葉をもらってなんだか感動。
何度も"変わらないでね"と言っていたのが印象的でした。
全てを変えずには日本社会に適応できないけど、彼女と共感できた部分はきっとこのまま持ち続けられるような気がしています。

こんな感じで1年前にドイツに来たときと同様、特に気負いもせず日本に帰ります。たいした成長も出来ていない気もしますが、でも後悔はしていません。
この1年何事もなかったようにそのうち社会に復帰しますので、日本のみなさん、また近々遊んでね。


にほんブログ村
スポンサーサイト

帰国まであと数日

7月20日からドイツに来てくれていた父様・母様も帰国して、私のベルリン生活も本当に終盤。ラスト一人旅についてはしっかり書いていこうと思ったけど、両親との怒涛旅をこなしていたら、すっかり忘れちゃいました。なので、ラスト一人旅については、気が向いたらまた書いていこうと思います。

・・・でも気が向かない可能性も大です。

気づけばこのブログもドイツネタはほぼなく、内容自体も統一感がありません。
少しでもドイツ生活を充実させようと始めたブログですが、ほぼ旅ネタばかりで何のために作ったのか・・・(笑)
性格的に、笑いにならないネガティブトピックは絶対に書きたくなく、なおかつドイツ生活ではもちろん楽しい毎日だけでもない。更新頻度が少ないのは、ドイツで「面白い」と思えるものが少なかったからと、お金がないくせに、何だかんだで旅をちょこちょこしていたからだと思います。
この国についての愚痴は1日がかりで言える自信があるけれど、私、ベルリンは好きですよ。

・・・ドイツが好きですよ、とは言いませんが。

私のドイツに対する思いは、まるでドイツ人の性格のように、くねくねとうねり複雑で乙女のように可愛いものではありません。
よく考えると、最後の最後でも、こんな心情なのもすごいことですよねぇ(普通はおセンチになるので)。

それでも帰国1ヶ月後には、私にとってこの国は特別な国になっているのでしょう。
人って、最終的には良いことしか思い出さないのだからすごいですね。心底、都合の良い生き物だわ・・・と思います。特に私。

今回、両親とミュンヘン・レーゲンスブルク・ザルツブルグ・ワルシャワ・ベルリン・ポツダムとひたすら歩いて、どこもキレイだったけど、やっぱりベルリンってすごいなって思いました。
昨年の12月、南ドイツからベルリンに出て来るとき、「ベルリンなんて・・・」と何人かに言われたけど、あの時いつものように人の意見聞かなくて良かった(笑)

今回の滞在で、自分を褒めてあげられることがあるとすれば、あの時の瞬発行動力と自己中心力(笑)偽りの信頼関係や空間のなかで時を過ごすこともできたけれど、きっとあの時、動かなければ、このドイツ滞在は自分自身を今以上に腐らせていたことでしょう。

氷点下の真っ暗い冬のベルリンには、2・3回行けば飽きてしまうクリスマスマーケットと、色んな価値観を教えてくれたクラスメイトが居ました。
ベルリンで出会った日本人はとても少なかったけれど、最後の最後に会った彼女達も「もう少しベルリンに居たいな」と思わせてくれました。
それだけでも、ここに来た意味があったのかもしれません。なかったとしても、もう後悔している時間はないということで。

とりあえず今の私にできることは、あと数日間は夏になりきれない雨降りのベルリンを堪能すること。
そして、そのあとは1年ぶりの日本で、姪っ子にちょっかいを出したり、高円寺の阿波踊りを見にいったりと、やっぱり人生を楽しむこと。

大好きな日本は、もうすぐそこに。


にほんブログ村

ブダペストを散歩する

さて。
ドイツについて、毒吐いてる場合じゃないですね。
7月3日~14日まで、短期間ではありますが、ハンガリーからクロアチアまで少しだけ旅行してきました。まずはハンガリーの首都、ブダペストから。

ベルリンからブダペストまではフライトで1時間ちょっと。かなり気軽に行けます。
bud7.jpg
空港からはバス+電車。乗り方が分からず、うろうろしてたら「心配しています。どうぞ話しかけてください」と顔に書いてあったおじちゃんと若者が。
結局中心地まで一緒に行くことになりました。
噂には聞いていたけれど、みんな本当に穏やかで親切。

私のブログにもこれまで何度か登場しているブダペスト出身の友達曰く、「ベルリンに居ると、ブダペストにいるような錯覚に陥るときがある。でもプラハにも似てるよ。nyはプラハが好きじゃないって言ってたから、もしかしたらブダペストはあわないかも。」とのこと。

実際行ってみたら、私にはベルリンとの共通点に全く気づかなかったし、チェコに似てるとも思わなかった。
もっとダイナミックで、ゆっくりとした時間が流れる場所だなと感じました。
bud1.jpg
でも・・・少しタイに似てる?と思ってしまうのは、私だけでしょうか。。

16時過ぎには宿にチェックインできたので、少し散歩することに。時間的にも負担がないフライトを選んでよかった!と思っていたのも束の間。ドナウに辿りつく前に(20分も歩いてません)自分の異変に気づきました。

あれ?私、もしかして体調悪いのかな・・・
そう思った私は、大事をとってすぐに宿に戻ったのでした。

そして翌日。
bud8.jpg
ドナウを横切り、温泉巡り。
朝早くから動いていたので、そこにはおじいちゃんばかり。
ハンガリー語で話しかけられ、私が分からないという表情をしても話続けるおじいちゃんたち。しばらくして、ようやく私が外国人だと気づいた様子。

bud6.jpg
「ハンガリー人だと思ったよ!」
えぇ~!私、自慢ではないけれど典型な日本人顔なんですが。
オーストリアでも2回「ハンガリー人?」と聞かれたけど、街を歩いていても私のような人見かけなかったよ・・・

おじいちゃんたちは歴史的な影響なのか、英語は話せないけれど、ドイツ語やフランス語を少し話せるようでした。一人のおじいちゃんは3ヶ月ほどハイデルベルグで働いていたこともあるそうで、ドイツ語ぺらぺら。3ヶ月でこんなに話せるなんて、すごいなぁ。
私としても、ベルリンにいるよりもよっぽどドイツ語の勉強になりました。

そのあとも何件か温泉をはしご。私はキラーイとルカーチが気に入りました。逆に全く楽しくない(しかも高い!)のがゲッレールト。もう行くことはないでしょう・・・

ところで、気づいてしまったんです、私。
bud5.jpg
見間違いでなければ・・・42度。(爆)

前日からずっと体調不良だったと思い込んでいたけれど、これは完全に暑さのようですね。自分からお布団を干したような匂いがしてたのも、気のせいではなかったか。笑

ちなみに、ブダペストは市場も楽しいです。暑くて途中で放心しちゃいますが。
bud4.jpg
bud2.jpg
今回の旅行ではハンガリーとクロアチアの刺繍に魅せられました。陸路での移動だったので、買いたい気持ちをぐっと堪えましたが、こうゆう刺繍は女性は誰でも好きなんじゃないかな。

あとブダペストに来たら House of Terror は絶対に見逃せない場所だと思います。内容も興味深いけど、展示方法もすごい。色々な観光地でふらふらしていると、正直、感動することも減ってくるのですが、ここは行って良かったなと思える場所です。

3日間のブダペストの後は、スロバキア・オーストリアと移動です。


にほんブログ村

DB 私の100ユーロ!

昨晩、もうすぐ帰国してしまう友人との会食を済ませ、なんだか幸せな気持ちで帰路についた私。Alexanderplatzの駅が近かったので、来週利用するワルシャワ→ベルリンのチケットをついでに購入しようと券売機へ。
だって、両親が20日から28日までドイツ&ワルシャワに遥々来てくれるのです!
こりゃ張り切らなければなりません。

そんな私に、またもや不幸が。
DeutscherAlptraumが!
旅行当日のワルシャワ→ベルリンは107.25ユーロ。随分前に見たときよりも高くなってる!と思ったものの、その他の日程もFIXしてしまっているため、購入しないという選択肢はありません。

50ユーロ札×2枚、20セント、5セント・・・と入れて、残りの7ユーロの為に、お財布に入っている小銭を数えたり、ひどく折れ目のついてしまっている10ユーロ札を機械に入れようと必死になったりしていたら、いつの間にやら時間切れ。
あ~ぁめんどくさーい、も一回やり直しかぁ。。と思っていたら、
券売機から100ユーロがもどってこない!
25セントは戻ってきたくせに!

凄まじい勢いでオフィスに走ったものの、既に24時目前。そして、ここはドイツだった。この時間に職員なんて誰もいない。
迷惑極まりないと思いながらもプラットフォームまで行き、電車の運営側スタッフ?に状況を説明する。何語で話したかは記憶にない。日本語以外流暢に話せない私が、すごい勢いで話しつづけたことだけは覚えている。

殺人事件でもあったかのような私の形相に、theドイツ人(丸々太っているという意。)のおばちゃんが、丁寧に対応してくれたものの、やっぱり今すぐにはどうにもならない模様。 "オフィスが朝6時に開くから、また明日来なさい。"


そして今朝、再び駅へ。
チケットオフィスにはドイツ語しか話せないというtheドイツ人女性二人。・・・うん、いいの。欧州の大都市ならどこでも英語が通じると思って生きているこのアジア人が悪いの。

知ってる限りのドイツ語を駆使して状況を説明する。するとおばちゃん、すぐに理解してくれた模様。こりゃ、確実に前例ありますな。
結局、必要書類に住所やら状況を記入するだけで終了。

おばちゃん:処理が終わったらお家に手紙送るね。そしたらまたココに来てね
ny:いつですか
おばちゃん:分からない
ny:????????

・・・私、もう日本に帰るんですが。

ドイツ人だからね、仕事はちゃんとしてくれるとは思う。のんびり待てる時間があれば、受け取れる可能性も高いでしょう。でも私は違う。
返金用に銀行のアカウントを書く欄があったけど、私は持っていないので、無理やりクレジットの情報と日本の連絡先も記入してきた。
でもさ、正直、こちらのミスじゃないよね。
どうして自分が再度お金を出してチケットを買わなくてはいけないのか。日本人の私には、全く納得がいかない。だって、その100ユーロは、私がベルリンにいる、この最後の数日間の生活費だもの。

そんなことをブツブツ言わなくては気がすまないthe日本人の私。そしたらおばちゃん、
大丈夫!クレジットでも買えるわよ!(笑顔)」←しかも公共の場で、ドイツ人の笑顔って、珍しすぎる・・・

出たよジャーマンウェイ。
「この件に関しましては、機械の問題です。ワタクシの失敗ではございません」
まさにこんな姿勢がひしひしと伝わってくる。他人事どころか、励ましてまでくれちゃったよ・・・おいおい
まぁ悪気がないのは分かってるんですけどね。
だけどね、その度に、この国に本気で腹立つ(笑) こんな経験が、これまでの海外生活であっただろうか?・・・ないよね、確実に。

IMG_2036.jpg
私の一件の後、画面に出てきた表示。
ハイテク国とか言われてるけど、業務上の問題解決がしっかり出来ないなら、どうぞもっと単純なシステムを作っておくれ。 bitte!

にしても、私どこまでこの国と相性が悪いんだろう。そして、今日から帰国まで、どうやって生活していけばいいんだろ・・・ほんと、腹立つ。笑


にほんブログ村

アイスランド旅行

興味はあるけれど、日本に居るとあまり情報が入らないアイスランド。

でも、どんなに小さなホステルでも旅行会社でも、メールや電話での問い合わせにすぐに対応してくれます。そういった意味では、事前準備も旅行もしやすい国です。

参考までに、いくつかリンクを貼っておきますね。

☆Iceland Express☆
http://www.icelandexpress.com/
時期にもよりますが、欧州各都市からエアベルリンやフィンエアーの便もあります。

☆Iceland Excursions☆
http://www.grayline.is/
☆Reykjavik Excursions☆
http://www.re.is/ flybusの予約はここから。
☆BusTravel☆
http://www.bustravel.is/

☆Blue Lagoon☆
http://www.bluelagoon.com/

運転免許のない私はアイスランドではツアーに参加するしかなかったので、ホステルの方が教えてくれたBusTravelのツアーを主に利用しました。大手よりも料金がだいぶ低く設定されていますが、大満足でした。

こんな景色に出会いたかったら、是非アイスランドへ。
gc2.jpg
gc1.jpg
小さくて見えないけどアザラシも寝てたりします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。